ゴトー日とは?2017年、検証結果一覧!1時間別3区間

スポンサーリンク

ずーーっと気になっていたゴトー日の検証をやっと昨日やりました!

といっても簡単なものですが・・・

ネットで検索しても検証結果なんてなくて、調べてしまいました。

 

ネットでは、9時から10時で買いだとか、ボリンジャーバンドがどうとか書いてあるのですが、検証した結果はなく、それを信じてゴトー日トレードをしていたのですが、全然!!勝てない!!!

ということからずっとゴトー日トレード諦めていました。

でも、やっぱりチャンスがあるならやりたくて、自分で過去チャートさかのぼって調べましたので、みなさんのお役に立てればいいなと思います。

 

ゴトー日とは?

名前の通り、5、10、15,20,25、30日のように5の倍数の日を言います。

このゴトー日には、国内の輸出関連企業の決済日が集中していて、ドルで受け取ったのを円に換金するため、円安ドル高(ドル円チャートでは上昇)に動きやすいといわれています。

また、為替の仲値を決めるが9時55分なのも関係しているといわれています。

9時から9時45分、55分ごろまで買いとするのが、ゴトー日トレードです。

ゴトー日の例外

 

ゴトー日トレードが適用外となる条件が2つあります。

1、ゴトー日が土日

2、トレンドが強い

 

この2つの時には使えないといわれているので、ご注意ください。

 

ネットで検索すると出てくるゴトー日トレード

 

有名どころでは、

・9時から9時45分まで買い、そのあとは売り

・ゴトー日の7、8時頃から見ていて、ボリンジャーバンドのー2σタッチ、抜けで買い

などなどです。

私は今まで前者をメインにやっていたのですが、これがちっとも勝てないんです(笑)

 

2017年の1月から12月の検証結果!

 

今回は8時から9時、9時から10時、10時から11時の値動きがどうなっているのかに注目して検証してみました!

ボリンジャーバンドの検証はまた次回にさせていただきます!

(今後記事アップ予定です)

 

8時から9時 9時から10時 10時から11時
1月 5日
10日
20日
25日
30日
2月 10日
15日
20日
3月 10日
15日
20日
30日
4月 5日
10日
20日
5月 5日
10日
15日

 

20日
25日
30日
6月 5日
15日
20日
30日
7月 5日
10日
20日

 

25日
8月 10日
15日
25日
30日
9月 5日
15日
20日
25日

 

10月 5日
10日
20日
25日
30日
11月 10日
15日
20日
30日
12月 5日

 

9時から10時で買い

46戦

勝ち 27

負け 19

引き分け 0

勝率58.6%

 

8時から9時の逆エントリー

46戦

勝ち 23

負け 18

引き分け 4

勝率 50%

 

10時から11時に前1時間の逆エントリー

46戦

勝ち 27

負け 18

引き分け 1

勝率60%

 

10時から11時に売り

46戦

勝ち 21

負け 24

引き分け 1

勝率 45%

 

8時から9時に買い

46戦

勝ち 21

負け 21

引き分け 4

勝率 50%

 

結果

これといった規則性が見つかりませんでした・・・

9時から10時とするから勝率が悪いのか。

9時から9時45分で次回検証していこうと思います!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です