【東大院生が考えたスマートフォンFX】を読み、時間帯、窓埋め、ゴトー日などをまとめていた!(FX歴2年目4月過去ノート遡り)

【東大院生が考えたスマートフォンFX】を読み、

時間帯、窓埋め、ゴトー日などをまとめていた!

(FX歴2年目4月過去ノート遡り)

 

 

2年前の私のノートには、一時期話題となった【東大院生が考えたスマートフォンFX】を中古で購入し、読んだことがまとめられていました!

 

①順張りと逆張りの時間帯(冬時間の場合)

 

 

・9:00~14:00→順張り

・14:00~15:00→逆張り

・17:00~21:00→順張り

・21:00~22:00→逆張り

・22:00~25:00→順張り

・25:00~29:00→逆張り

 

要するに、東京、ロンドン、NY時間は順張りで、閉場時間帯を狙って逆張りを仕掛けるということですね!

言っていることはわかりますが、7割同意見という感じです(笑)

私が順張りを狙うタイミング、リバ取りなど逆張りをする時間帯が似ています!

エントリーする時間帯って結構大切だったりするんですよね!

そして、案外その通りに相場も反応していたり。

 

②早起きは三文の得(窓埋めトレード)

 

 

・窓が開いた方に6:00(7:00)にエントリー

・損切は10pips

・9:00までに決済

・窓を埋めたら利確

 

ということでした!

あながち言っていることはわかります。

ただ、問題はスプレッドなんですよね(;’∀’)

これをやる時間帯、海外FXではスプレッドがすごい広がっている時間帯なので、それ次第ではうまくいかない気がします!

最近窓も埋めにくくなっている気もしてます(気のせいかもですが)。

 

③ゴトー日仲値ドル買い

 

 

・9:54に円売りエントリー

 

要するにゴトー日トレードのことですね!

個人的にゴトー日はあまり気にしていません。

この当時はFXよりバイナリーの方でゴトー日トレードを検証したことがありますが、私のやり方では勝率4割5割くらいでした。

 

④スワップ木曜日狙い

 

 

・前日深夜から翌朝にかけてスワップポイントがプラスの方にエントリー

・スワップポイントが付与される10分前くらいに利食い(スワップポイントは捨てる)

※FOMCの時は避ける

 

これは私の検証不足で何も言えない気がします。

この当時少しやったのですが、割とうまくいくことがあった記憶があるくらいですね。

狙うのはスワップポイント3倍デーの前日深夜からですね!

 

⑤オワンダ板読み

 

 

・オープンポジション:含み損の多い方を見る

・指値貯まってる→逆張り狙い

・逆指値貯まってる→急加速を狙う

 

これについてはよくわかりませんでしたww

オワンダで無料で見られる板があるのですが、これを見てどの価格帯でトレードするかということですね。

 

⑥組み合わせトレード

 

・ボリバン2σと時間帯トレード

・MACDとオワンダ逆張りトレード

 

これしかノートには書いてなかったのですが、おそらくオススメとして紹介されていたトレードかと思います。

 

⑦その他

 

・日足でトレンド方向確認

・1時間足チャートで今日のトレンド確認

・時間帯で順張り、逆張り

・オワンダでシナリオ

・チャートで売買ポイントを決める

・5分足でそのポイントに来たら発注

・決済

・10pips勝負+フルレバ

・急上昇、急下降の翌日朝8時台の逆張り→9:30までに決済

 

これは1日のトレードのやり方?的な話かと思います。

最近私も上位足の方向ってすごく大切なことに気が付きました。

そして、最後の項目は、リバ取りの話だと思うのですが、これに関してはもう少しいい時間帯がある気がします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です