厳選!本当に使えるローソク足

スポンサーリンク

ローソク足で勝率アップをはかろうと思って色々調べてみたら、赤三平とか宵の明星とかいろんな種類がありました。

けれど、見ていてもそうかな~?とあまりしっくりくるものが少ない気がしていました。

なので、使えるローソク足の方法を厳選して紹介したいと思います。

あくまで主観で厳選したものです。

ローソク足とは?

この図は1回は誰でも見たことがあると思いますが、説明しますね!

始値:ローソクが始まった値

終値:ローソクが終わった値

安値:期間で最も下がった値

高値:期間で最も上がった値

陽線:始値よりも終値の方が高値のローソク

陰線:始値よりも終値の方が安値のローソク

①天井を見極めるにはヒゲを見る!

例えば、陰線ならこんな感じです!

下降トレンドできていて、下にヒゲが長く伸びています。

その次のローソクはトレンドが変わっているのがわかりますね!

陽線でいうと、下の写真です。

上にヒゲが伸びていますね。

次のローソクは陰線になって、トレンドが変わっているのがわかります。

これをつかって、逆張りを狙えます。

または、ハイローでどっちにするかの材料にすることもできますね!

 

②赤三平、黒三平は有効!

陰線だとこんな感じです!

トレンドが変わったところから3つ連続で陰線が続きましたら、4つ目も陰線のローソクがくる可能性大です!

反対に陽線は下の写真です。

こういうパターンが結構あって、私自身も新たな発見でした!

今まであまりローソクを判断材料にせず、指標ばかりに頼ってきましたが、見直してまた手法を見つけていきたいと思わされました!

他にもたくさんありますが、この2パターンが中でも多く見られましたので、2つを厳選して紹介させていただきました!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です