ボリンジャーバンドの確率論だけで勝てるかやってみた!

バイナリーオプション攻略にはかかせないのがボリンジャーバンドです。

ボリンジャーバンドとは?


一番近い上下線の間で為替が動く確率(1次標準偏差、1σ)=約68.3%
二番目の上下線の間で為替が動く確率(2次標準偏差、2σ)=約95.5%
三番目の上下線の間で為替が動く確率(3次標準偏差、3σ)=約99.7%

つまり、99.7%の確率で予想ができるというのが、ボリンジャーバンドです。

それがどれくらい正確なのか検証したいと思います。

より勝つ確率をあげるため、±2σと±3σの間にローソクがきた瞬間に1分でエントリーします。

1回目

見にくいのですが、赤の点線が2σ、緑の点線が3σです。

青丸をしたところが+2σと3σの間に来た時点でエントリーしました。

結果は見事勝ちになりました!次は陰線が来てくれました。

2回目

今回は陰線が-2σ、-3σの間にきていますので、ここでエントリーしましたが、負けてしまいました。

ボリンジャーバンドにはこういうことが結構あります。

これを見極める特徴は、私は1センチレンジと呼んでいます。

この連続の陰線が来る前、画像左にはボリンジャーバンド真ん中の線から上下に1センチ以内くらいのレンジ相場がきてました。

そこから+2.5σ、-2.5σに出たときは、エントリーを控えてみてください。

もしくは、ここで順張りを使うのもいいかもしれません。

 

そして、ここを見逃して、1度相場がボリンジャーバンドの真ん中まで回復して、また下がってきて、-2.5σまで来た場合、ここは逆張りでエントリーして大丈夫です。

しかし、上がりきらないでまた下がってきたときは要注意です。

3回目

ここは1センチレンジあけです。

青丸あたりでエントリーしましたので、次に陰線が来ていますが負けとなっています。

こういう場合は控えましょう。

 

4回目

ボリンジャーバンドのとてもいい例です。

ちょうどひげになっている丸印のところに来た瞬間にエントリーしました!

見事それから上がっていって、勝になっています。

このボリンジャーバンドの方法では、こういったものをメインに狙っています。

 

いかがでしたか?今回は2勝2敗でしたが、他の指標も加えれば負を減らせるかと思います。

ボリンジャーバンドだけでも5分5分、1センチレンジ法も加えればもう少し負を回避できると思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です