考え方を覆された良書!【エリオット波動研究】パンローリング社を読んでみた感想とネタバレ!

スポンサーリンク

今ちょうどこの本を読み終わり、すごい感動の余韻があるうちに記事を書いてしまいたいと思い、PCに向かっています(笑)

今回読んだのが、【エリオット波動研究】パンローリング社

 

 

これです!!

以前から読んでいるとは言っていましたが、400ページ程度あるのでゆっくりと読んでしまいました。

やっと記事にすることができます(*’ω’*)

★どんな内容?

タイトルの通り、エリオット波動とは?から始まる波動の基礎中の基礎から書かれています。

相場ではかならずギザギザの波を描いて上昇、下降をするというのはトレーダーなら誰でも知っているかと思いますが、その波はどう描いていくのかをパターン化しているのがエリオット波動。

本書はエリオット波動を勉強するにあたって、教科書となるくらい、1から勉強するのにはもってこいです。

 

・エリオット波動とは?

・エリオット波動の種類

・エリオット波動を用いた売買ポイント

・ダウや日経平均との関連性

・ダウ理論との関連

・フィボナッチ数列との関連

・実例

 

簡単にまとめるとこんな感じでまとまっています。

 

★私がどうして感動したのか?

 

私はこのブログでもおわかりいただけるように、為替相場と向き合って2月で1年となり、2年目の新米トレーダーです。

MT4すら知らなかったくらいの初心者で、1年間バイナリーオプションから始め、FXに参入したのは2017年の9月からでした。

 

バイナリーオプション時代からずっと今までそうだったのですが、私はもっぱらテクニカル、インジケーター派でした。

ストキャスや、RSI、MACD、BBなどなど、インジケーターとチャートの睨めっこの毎日で、オシレーター系が80を超えたら売りだ、こういう動きをしたら買いだ、これとこれがクロスしたらこうだ・・・

などなど使えそうなインジケーターの組み合わせ、インジケーター自体の購入【詐欺商材に山ほどひっかかる】などなどして短いようで長かった1年目がおわりました。

 

前置きが長くなりましたが、相場は波を描いていることも、ラインの重要性も知っていたにも関わらずそっちにはほとんど目をくれず、ひたすらインジケーターの突破口を見つけようとしていました。

私と同じようなかたがたくさんいて、この記事を見てくれていると嬉しいのですが、インジケーターの売買サインよりも相場の動き、波の動きを見ていた方が再現性が高いことに気づかされました。

この本を読み始めてからインジケーターは移動平均線だけにし、相場を1か月見てきましたが、目からうろこ状態です。

 

インジケーターの研究よりも、波を読む努力をした方が、相場が読めるようになってきていたからです。

もちろん、まだ結果が伴っているわけではないので、これからまだまだ勉強、検証、経験を積んでいく必要があるのですが、今私自身が実感していることです。

インジケーターを勉強する前に波を勉強するのが先です!!

 

インジケーター信者だった私にとっては、根本から考え方を覆された本でした。

★どんな人に読んでもらいたいか

 

私と同じように、インジケーター研究、使えるインジケーターを探している方

基礎がわかっていない方、勉強したいと思っている方

波を見てこなかった方

エリオット波動、ダウ理論を知らない方

新米トレーダー

Youtubeでアキちゃんの動画を見て勉強されている方

相場がどっちに向っているのかわからない方

どこからトレンドがわかるのかわからない方

 

全部私のことなんですけど(笑)

これに当てはまる人は、この本を読むことで私と同じような気持ち、考え方になるかもしれません!

 

★私の活用方法

私は読んでいて、読み終わってから自分なりにまとめたいので、知らなかった!これまとめたい、あとで読み返したいというところに付箋を挟めています。

画像をみてお分かりの通り、これだけ知らないことがありました!

 

もし、この本の購入を迷っていて、もっと詳細に知りたい、聞きたいことがあれば、お問い合わせ、コメントしていただければお答えしますよ(^^♪

私はすごーーーくお勧めです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です